産経 子どもニュース「育て!子どもたち」 産経 子どもニュースにようこそ
www.sankeikids.com
育て!子どもたちトップ
サイト内記事検索
 ふりがなあり  ふりがななし
2019 ねん 11 がつ 23 にち 土曜日どようび 勤労感謝きんろうかんしゃ
愛情子育て 学校便り ハローイングリッシュ ビジュアル社会科 サイエンスニュース ワールドニュース
2019年(第15回)受賞作品
2019年(第15回)受賞作品
2019年 受賞作品  

『2019年(第15回)学校自慢エコ大賞』入賞作品発表
エコ活動部門の大賞は福岡県北九州市立曽根東小学校
エコ作文部門の大賞作は岡山県岡山市立政田小学校5年、山本淳登くん

全国の小・中学校が実践しているエコ活動と小・中学生のエコをテーマにした作文を表彰する「2019年(第15回)学校自慢エコ大賞」の最終審査会が2月13日に開かれ、入賞作品12点が決まりました。エコ活動部門の大賞は福岡県北九州市立曽根東小学校が、エコ作文部門の大賞作には岡山県岡山市立政田小学校5年、山本淳登くんが選ばれました。

学校自慢エコ大賞は、環境学習の支援を通じて子どもたちにエコの大切さを知ってもらう目的に創設されました。 全国の小・中学校をはじめ児童生徒のみなさん、たくさんのご応募、ありがとうございました。
『2019年(第15回)学校自慢エコ大賞』の表彰式が2月24日、東京港区のフジテレビ内マルチシアターで行われました。
受賞校、受賞者と審査委員のみなさん
受賞校、受賞者と審査委員のみなさん
『2019年 学校自慢エコ大賞』入賞校(者)
エコ活動部門
【大賞】
福岡県北九州市立曽根東小学校
 「私たちのかけがえのない自然「曽根干潟」を守ろう」
〜曽根干潟クリーン作戦とシチメンソウ再生プロジェクト〜
エコ活動部門の大賞を受賞した福岡県北九州市立曽根東小学校の「曽根干潟の生き物」観察
福岡県北九州市立曽根東小学校の「曽根干潟の生き物」を観察している様子
【優秀賞】

愛知県岡崎市立生平小学校
守ろう!野鳥のすむ町 生平〜野生生物保護活動を通して〜

京都府京都市立朱雀第四小学校
未来に向けて持続可能な社会づくりを担う子を育む、人と環境にやさしい朱雀第四小学校

【優良賞】

沖縄県国頭村立 北国小学校
姿を見せないのにヤンバルクイナは北国小近くにいるのか?
〈チップでロードキル防止〉

神奈川県横浜市立舞岡中学校
ハグロトンボで市民科学
地域ぐるみの下水道の見える化と生態系に配慮した水環境の実現

【信用金庫賞】  

大阪府大阪市立瓜破西小学校 瓜西ネイチャークラブ
「アトリファームでESD!」
〜学校・地域・家庭が協働した循環型の飼育・栽培活動を通して〜

エコ作文部門
【大賞】 岡山県岡山市立政田小学校5年 山本 淳登くん
「田んぼ が教えてくれたこと」


作文を朗読する山本 淳登くん
作文を朗読する山本 淳登くん
【優秀賞】 愛知県豊田市立大沼小学校4年 鈴木 萌生さん
「今と昔のゴミのちがい」

東京都聖心女子学院中等科1年 龍見 夏菜子さん
「エコ × 防災」

【佳作】 愛知県岡崎市立緑丘小学校2年 伊奈 真央さん
「カワセミのすむ川に」

愛知県豊田市立五ケ丘東小学校6年 森 真絢さん
「自然豊かで素敵なふるさとをめざして」
【信用金庫賞】 愛媛県新居浜市立惣開小学校5年 田野岡 明日翔くん
「未来へつながる活動」
   
【審査委員】 柏木順二氏(公益財団法人日本環境協会 専務理事)
松澤宏尚氏(全日本中学校長会 事務局長)
藤村コノヱ氏(認定NPO法人環境文明21 共同代表)
大竹稽氏(モラリスト・作家)
吉井雄二氏(株式会社産経広告社 代表取締役)
【主 催】 学校自慢エコ大賞実行委員会(実行委員長 柏木順二)
【後 援】 文部科学省、環境省、国土交通省、財団法人日本環境協会、全日本中学校長会、全国連合小学校長会、毎日新聞社、日本教育新聞社、産経新聞社、ニッポン放送、BSフジ
【協 賛】
信用金庫 HONDA 西日本旅客鉃道株式会社
【協 力】
オルガノ
【企画運営】 産経広告社

育て!子どもたちって?
このホームページの説明です
学校自慢エコ大賞
学校のエコ自慢を聞かせてね
産経写真ニュース
注目ちゅうもくのニュースを動画で紹介
編集便り
編集企画部から、不定期にお届け
子ども特派員リポート
ジュニア特派員の記事を紹介
リンク
いろんな調べものに使ってね
Copyright(c) 2019 SANKEI Advertising Inc. All Rights Reserved.