産経 子どもニュース「育て!子どもたち」 産経 子どもニュースにようこそ
www.sankeikids.com
育て!子どもたちトップ
サイト内記事検索
 ふりがなあり  ふりがななし
2017 ねん 12 がつ 11 にち 月曜日げつようび
愛情子育て 学校便り ハローイングリッシュ ビジュアル社会科 サイエンスニュース ワールドニュース
子ども特派員リポート
***うれしい体験!!「六甲山牧場」***
4年 尾崎 友哉
うれしい体験!!「六甲山牧場」 ぼくはもともと動物が好きなので、その第2弾として神戸にある「六甲山牧場」へ!!!と思って調べてたら、なんと!!ぼくの得意な手作り体験も出来る!!と言う事で、絶対に六甲山牧場!!!と思い取材に行きました。


入館したら、まず 広報係担当の石井さんに乳牛(ホルスタイン)の事について教えてもらいました。

この牧場には、乳をしぼるメス牛は7頭いると言う事で、1日あたり1頭から20〜30Lのミルクをしぼるそうです。

毎日ミルクをしぼらないと、人間と同じで胸の中でミルクがたまって、くさってしまうそうです。
毎日の乳しぼりも大変だけど、毎日しぼってても1日20〜30Lのたくさんのミルクが出てくるのが、とても不思議です。

うれしい体験!!「六甲山牧場」 牛の平均寿命は大体12年位だけど、乳牛の場合は、たくさんのミルクをしぼるために約5〜6年で役目が終わって、食肉等へまわされます。(メス牛は、ぼくらのために、毎日 乳を出してくれてるから、それだけ分 寿命が縮まってかわいそうだな…と思いました。でも、人間の役に立ててメス牛も、たぶん喜んでるかもしれないな と思いました。)

バターは、ミルクの中の脂肪分だけで作るそうで、その「バター」を今日は手作り体験してみたいなと思い、挑戦してみました。


うれしい体験!!「六甲山牧場」 生クリームが入ったボトルを10分間上下に強くふり続けます。これを、10分間ふり続けるのは、ぼくはとても手がいたくて大変でした。
ふり続けたら白い水が出てくるので、それをカップにうつしてそれを飲んでみると、おいしい牛乳の味がしました。

次はバターを、氷水につけ10回位ふって洗って、それを4回続けます。
バターを洗う作業は、思った以上にバターが固まらず、ぼくはちょっとあせりました。(大人の人達は丸く固まってて、やっぱり大人って上手だな〜と思いました。)

バターを洗いあげたら、大きいヘラを使ってボトルの中で水分を押し出して、その後に塩を小さいスプーン1/2杯入れてまぜて、バターの出来上がりなんだけど、塩を入れすぎると、しょっぱいバターになるから注意して下さい…と言う事で、ぼくはしんちょうに塩を入れました。

うれしい体験!!「六甲山牧場」 試食をしたけど、自分で作ったバターは、かくべつな味がしてとってもおいしかったです。

他にも、アイスクリーム作り・チーズ作り・ソーセージ作り・生キャラメル作り等がある様です。

体験が終わって、ぼくはすぐに羊がいる所に行きました。
羊は放牧されてて、あちらこちらにいるので 柵ごしで写真を撮ったりする事もなく、すごく間近で羊をさわってふれあったり出来て、とってもうれしかったです。
羊は、見た目は毛がゴワゴワした感じだけど、実さいにさわってみると ゴワゴワと言うよりも‘だんりょく感‘がありました。

うれしい体験!!「六甲山牧場」
羊の毛は、セーターとかになって人間の役に立ってくれるし、牛は牛乳・チーズ・バターとか、人間の食材になってくれて役に立つので、とってもありがたい動物だな〜と思いました。

そして、今日作ったバターの残りは、家でみんなそろって ゆっくりと味わいたいと思います。


みなさん、「六甲山牧場」に遊びにきたら、家族みんなで手作り体験をしてみてはいかがですか?
いい思い出になりますよ!!!



小学4年生:尾崎友哉

特派員レポート・バックナンバー
5. うれしい体験!!「六甲山牧場」
育て!子どもたちって?
このホームページの説明です
学校自慢エコ大賞
学校のエコ自慢を聞かせてね
産経写真ニュース
注目ちゅうもくのニュースを動画で紹介
編集便り
編集企画部から、不定期にお届け
子ども特派員リポート
ジュニア特派員の記事を紹介
リンク
いろんな調べものに使ってね
Copyright(c) 2017 SANKEI Advertising Inc. All Rights Reserved.